八百年の時を超える技の極み、「玉繭・手挽き糸(玉糸)」の牛首紬です。

白山の麓で、牛首紬と呼ばれる独特の紬が織られている。糸に空気を含ませる独自な糸の処理で綸子のような柔らかな着心地でありながら釘抜き紬の別名が残るほどに強い織物である…(直木賞作家 高橋治著「紺青の鈴」より)

織座市

このページの先頭へ